web space | free website | Business WebSite Hosting | Free Website Submission | shopping cart | php hosting

オーストラリアの小学校に子どもたちが飛びこんだ―子連れ移住のトホホとワハハ!



オーストラリアの小学校に子どもたちが飛びこんだ―子連れ移住のトホホとワハハ!移住楽園―バグース・パラダイス (クロスカルチャーライブラリー)沖縄ナビ 移住編年金月20万円で優雅な楽園暮らし! ハワイ移住計画オーストラリア&ニュージーランド移住計画―セカンドライフは、大自然の中で!65人が語る沖縄移住―Agreプレゼンツ (メディアパルムック)北海道田舎移住日記 (集英社文庫)年金月15万円で暮らせる!沖縄移住計画新・北海道移住!片道で沖縄まで―憧れの沖縄移住を簡単に実現する方法


オーストラリアの小学校に子どもたちが飛びこんだ―子連れ移住のトホホとワハハ!
オーストラリアの小学校に子どもたちが飛びこんだ―子連れ移住のトホホとワハハ!

ジャンル:
セールスランク:165989 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

本来あるべき小学校の姿を知れます。

こどもの良いところを見出し、ほめる教育の工夫がすごい。
保護者、地域、学校、皆が子どもの将来、学びについてとても積極的であり、開かれた学校の姿がとてもうらやましいし、私の子どももこんな学校で学ばせたいと思った。
初等教育のあり方を問題提起する本

柳沢氏の著作には「はっ」とさせられることが多い。軽く読みやすい文体の裏に潜む深さを感じるのである。オーストラリアの小学校はずっと昔から週休二日制であり、(休暇は徹底して楽しむため)宿題も週末や長期休暇中には出ない.。暗記物よりも、思考過程や問題提起能力を養う授業内容。価値観の多様化と答えのない問題への解決能力養成。教員と保護者の対等な立場と適度な緊張感。オーストラリアの初等教育を受けた子供たちがどう成長していくのか明確に予想することが出来る。そして、それはまさに21世紀型社会人に必要な能力なのである。「ゆとり教育」が叫ばれている日本ではあるが、その「ゆとり」とは何であるのか?本書の教えてくれる内容は今の日本の直面している問題を考える上で極めて重要である。

本書を「軽い読み物」として楽しく可笑しく読むのも一つの方法であろう。しかしそこから一歩踏み込んで、初等教育のあり方、親と子と教師、地域社会の関係のあり方、教育の目的とそれを達成するための有効な手段(教育方法)を深く掘り下げて考えるための資料としての価値が本書には散りばめられている。教育関係者にとっては「軽い読み物」では済まされない必読の書であると思う。
日本の「ゆとり教育」に一石を投じる一冊

この本は移住のサスセス・ストーリーでもなければお涙頂戴の移住苦労話満載でもありません。オーストラリアや海外移住に興味がある人よりむしろ教育の現場に携わる(これから携わりたいと思う人も含め)人々や子育て中のお父さん、お母さんに読んでもらいたい1冊です。著者である柳沢氏のオーストラリア移住に伴って現地の小学校に入学させられた(?)子どもたちの奮闘ぶりやハプニング、エピソードが柳沢氏のウイットに富んだ文章で生き生きと書かれています。

長男の大河君が小学校に編入学した当日、クラスのみんなが日本語で「コンニチハ、タイガサン」と言うために前日の午後からクラスのみんなで練習をしたというエピソードには涙がじわ?ん。褒めて伸ばし、Don'tを使わない先生たちには感服!。これら教育現場でのエピソードの数々は日本にいる私にとっては目からウロコが落ちることの連続、そしてうらやましくてため息。日本の言う「ゆとり教育」とは何ぞや?と考えさせられるます。

また、柳沢氏の前作「オーストラリアで暮らしてみたら。」を読んでからこの本を読むと柳沢家の人々、そして周りの人々がもっと良くわかり、自分が柳沢家の親戚にでもなったかのような気分でこの本も楽しく読めるのであわせて推薦します。



スリーエーネットワーク
オーストラリアで暮らしてみたら。 単行本
極楽オーストラリアの暮らし方―定住・ロングステイのための詳細データ全掲載
会社を辞めて海外で暮らそう―海外家族移住という選択 (クロスカルチャーライブラリー)
ロングステイ・スタイル 悠々パース暮らし―世界で最も美しく暮らしやすい街に住む
5 地球の暮らし方 オーストラリア 2007~2008 (地球の暮らし方 5)